画家と格闘家でバンジージャンプに挑戦した話

画家の棚村彩加です。今回は格闘家のモリシマン@morishimanmma とバンジージャンプへ行きました。

モリシマンのプロフィール

モリシマン 職業【格闘家】

毎日の筋肉トレーニングを欠かさない。

趣味は筋トレ、大好物はアドレナリン

 

画家×格闘家・・・

本来違う世界の住人だった2人が、どんなバンジーを見せつけてくれるか見ものですね

飛ぶ前。格闘家のモリシマンと、画家の棚村

顔が強張っている

バンジージャンプへ向かう道中

今回はモリシマンが車の運転をしてくれました。

モリシマン
あれ?棚村もしかして、緊張してる?

棚村
そりゃあ緊張しますよ・・・高さ54メートルですよ

私たちが向かっていたのは富士バンジー

高さ54メートル!初代ゴジラと同じくらいの高さです。

須津渓谷橋から大棚の滝へ向けて飛び降りる、人気のバンジースポットです

棚村
そういうモリシマンは緊張してないの?
モリシマン
数千人の前で半裸で殴り合うと緊張しなくなるんだよね・・・
棚村
美術界隈で絶対に聞かない言葉が乱発してる・・・!

格闘家と楽しく会話している中、棚村が緊張のあまり下痢を起こしてしまう

棚村
うグゥ・・・緊張してお腹痛い

モリシマン
大丈夫?胃腸薬とか無くてごめん。カフェイン剤ならあるよ
棚村
なんでカフェイン剤とかあるんですか
モリシマン
よく運転するから、眠いとき目を覚ませたくて。でもこのカフェイン剤、コーヒー3杯分くらいカフェイン入ってるから飲むといつもお腹壊すんだよね
棚村
(あれ??この格闘家、さり気なくとどめ刺そうとしてる・・・?

異世界同士の会話はどんどんエスカレート

モリシマン
体づくりのために沢山食べるけど、食べることって本来楽しいのに作業になっちゃうのって苦しいよね
棚村
めっちゃ分かる!絵描くことって本来楽しいのに作業になっちゃうと苦しいんですよね・・・!

以外なところで共通点を見つけたところで、本題のバンジーの話になった

画家VS格闘家 どんな飛び方をしたい?

2人で今回のバンジージャンプ、どんな飛び方をしたいか話し合いました

棚村
私、絵を描きながらバンジージャンプしたいなぁ。スケッチブックと鉛筆を持って飛びたい!

棚村の理想の飛び方

「絵を描きながら飛びたい」

モリシマン
俺はムーンサルトプレスの要領で行ってもいいですか?
棚村
ムーンサルトプレス?

ムーンサルトプレスとは

ムーンサルト・プレスMoonsault Press)は、プロレス技の一種でトップロープから後方270度回転して放つプレスである。リングに背を向けた状態でコーナー最上段から体を270度後方回転するようにジャンプして仰向けになった相手の上に腹部から落下する。技名は技を仕掛ける側の円弧を描くような動きが由来。wikiより引用

モリシマン
そうそう、バク宙したり、空中で前回りしながら飛んでみたいなぁ!
棚村
格闘家の肝の座り方ハンパねぇ・・・

格闘家の圧倒的な心の強さに感動しました

バンジー会場に到着、そこで待ち受けていたのは

会場についてすぐ、私たちは説明を聞いて同意書を書きました

そこに書かれていたのは

バンジーは危険なスポーツです。

死傷をおう可能性があります

 

え・・・

 

死ぬの・・・?

 

 

死ぬ前に一度でいいからバンジージャンプをやりたいと思っていたけど、そのバンジーで死ぬんだったら元も子もねぇ!死ぬ前に美味しい焼肉食べたかった・・・!イケメンと付き合いたかった・・・!

下に落ちたら川と岩。岩、岩、岩

ツイッターの友人たちも、棚村の命の危機に励ましの言葉をかけてくれました

足がすくむ棚村をみてモリシマンは

モリシマン
今の棚村はアドレナリンが沢山出てるよ。僕も試合の時はアドレナリンが出てて、殴られても蹴られても痛くないんだ。だから大丈夫

と、励ましてくれました。下に落ちても、痛くない。

飛ぶ前に聞いてみた

棚村
あの、絵を描きながら飛んでもいいですか?
係りの人
ダメですね・・・バンジーは物持っちゃいけないんですよ
モリシマン
あの、ムーンサルトプレスしながら飛んでもいいですか?
係りの人
危ないので初めての人はやらない方がいいですね

私たちが夢見る飛び方は幻想だったようです。(でもいつかやりたい)

飛びました

怖い怖い怖い怖い怖い

いやいやいやいやいやいや

確実に死ぬやつやんこれ!!!

とか言いながら、棚村飛びました

映像

モリシマンも飛びました

足から落ちて行ったモリシマン

バンジージャンプに行く時は格闘家を連れて行くといい

今回人生で初挑戦のバンジージャンプでしたが、私1人では絶対に飛ぶことができませんでした。なぜなら高所が大の苦手だからです。しかし、格闘家が1人いてくれると、とても安心できます

例えば緊張して足がすくんでいても「明日また生きるぞ」励ましてくれます。「明日また生きるぞ」という言葉は格闘家、北岡悟選手勝利後のセリフで、「いつも元気をもらっている」彼は話してくれました

最後に

バンジージャンプをすることで、色んなことに気づかされました。

重力の力に気づく

・飛び降りる人の気持ちに気づく

リミッターを外したもう1人の自分の存在気づく

などなど新しい発見が沢山ありました。

飛び降りる勇気があれば、他のどんなことでも出来る気がしてきました!

ものすごい自信になりますね!

モリシマン
ニュートンとかガリレオもバンジーしたらもっと色んなこと発見ができたんじゃないかな

と、彼が帰り道に言っていたのがとても印象的でした

モリシマン、一日付き合ってくれてありがとう

格闘家と強い絆で結ばれた棚村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です