エッセイ

無くした重力の先で

終わらない旅というのは、永遠に心のよりどころを見つけられない悲しみがありました。

楽しかった出来事をゆめゆめ忘れることがないように、空に浮かぶホームの上でゆるく世界を終えようとしました。

自分が爆弾にでもなったようでした。加速させたスピードが何処でぶつかりそうで。その衝撃で砕け散ってしまわないように、明日も起きられますようにと願ってしまった私は

そのまま死んだように眠ってしまったのですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です