最初に読んで欲しい5記事




はじめまして。

フリーランス画家をしております、

棚村華恵子(@Keko_art)と申します。

 

この度は私のブログにご訪問くださり

ありがとうございます。

 

私のプロフィールはこちらです。

 

 

作品一覧はこちらの

作品ポートフォリオサイト

を見ていただけたらと思います。

 

当ブログでは、

  • 美術について考えたこと
  • たなむーの不思議な日常

 

を発信しています。

 

今回は

最初に読んで欲しい10記事

を紹介します。

 

気になる記事から

読んでいただけたら幸いです。

1.東京藝術大学の学生生活は本当に病むから気をつけた方がいい

記事 東京藝術大学の学生生活は本当に病むから気をつけた方がいい

 

この記事は、

私が美大生時代に病んだ話、

考えていたことについて書いています。

 

私の個人的な体験談なので

多くの人に当てはまるとは思えませんが、

 

制作する上で悩んだ時や、

自分の出来事と相対化するのに

使っていただけたらと思います。

2.「病んでる時ほどいい絵が描ける」を脱出するために

記事「病んでる時ほどいい絵が描ける」を脱出するために

 

「病んでいる時ほどいい絵が描ける」

それが私の学生時代の課題でした。

 

苦労していればしているほど

体調が悪ければ悪いほど

精神が不安定な時ほど

 

いい絵が描けてしまっていたのです。

 

そんなことを続けていると

幸せになるために絵を描いているのか、

良い絵を描くために不幸になるのか

 

絵を描く意味が分からなくなってします。

 

どうしたら病みのループから脱出できるのか

自分なりに答えを考えてみました。

3.人を幸せにする絵画は存在するのか

記事 人を幸せにする絵画は存在するのか

 

私はもともと、

人を幸せにする絵画を描きたい

と思っていました。

 

幸せの定義なんてみんな違うのに

自分は誰かを幸せにすることができると

ずうずうしいことを考えていたのです。

 

「全人類を幸せにする絵画を描きたいけれど・・・

それってどういうこと・・・?」

 

と、考えていた時の話です。

4.画家は誰のために絵を描くのか

記事 画家は誰のために絵を描くのか

この記事は、

「自分が誰のために絵を描いているのか」

悩み悩んだ記事です。

 

作品制作をしていると

「誰かのために描いているのかなぁ」

「自分のために描いているのかなぁ」

と悩むことがあります。

 

「誰かのために描いたら

本当に表現したいことが出来ないのではないか」

 

「独りよがりな絵を描いたら、

誰も理解できないのではないか」

 

その問題に対して、

自分の答えを出した記事です。

5.画家が3ヶ月絵を描くのをやめたらどうなるのか

記事 画家が3ヶ月絵を描くのをやめたらどうなるのか

この記事は

私が3ヶ月間絵を描かなかった話です。

 

筆を全て実家に置いて、

石川県能登半島の限界集落で

 

ひたすらに本を読んで

思考を整理したエピソードです

良かったら読んでください

よろしくお願い致します。




1 個のコメント

  • 占い師です。もし興味があれば読んでくださいね。
    1995.6.28
    西洋占星術で観ても四柱推命でも、芸術への適性はものすごく高いですね。
    生まれた時の金星火星土星がTスクエア。内面にすごく矛盾を抱えながら
    それを原動力にして大きなものを創造する運です。ただ海王星や冥王星などの
    援助がないので、道は平坦ではなく、土星がらみで苦労の連続、長い時間をかけて
    成功する運です。大学生の頃は天中殺の真っただ中だったので、一番苦労する時期で
    その時以上の苦難はその後にはないでしょう。
    金星火星スクエア配置なので、女としての魅力と色気を与えられておりアイドルでも
    いけますよ。恋愛はこれまた矛盾のかたまりで相手を振り回します。家庭運はすごくいいので
    子供の時や、結婚後の家庭は安定して幸せです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です