その他

PROFILE

東京藝大に受かったものの

病みすぎて坊主になった後に

檻に入り金髪になりアイドルを経て

フリーランスになった女、棚村

 

 

こんにちは!

たなむー(@keko_art)です。

 

私の自己紹介にページに

来てくださって

ありがとうございます。

 

1995年生まれ、岐阜県瑞浪市出身、

身長158cm、体重52キロ。

動物占いは「波乱に満ちたペガサス」です。

 

この記事では私の自分史、

プロフィールについて

お話します。

学歴・職歴

ここではこれまでの職歴について

お話します。

 

中学生時代

数学が12点しか取れませんでした。

 

なぜなら、

数式に謎の鳥が出現していたからです。

謎の鳥①

 

謎の鳥②

謎の鳥③

発想力が豊かすぎて、

 

動く点Pがひよこ

見えてしまったり

 

解の公式の一部に鳥

見えてしまったり

 

数学どころでは

ありませんでした。

その感受性のおかげで

ずっと美術の内申点が

「5」でした。

 

「数学の内申点と相殺できるぜ!」

 

と調子に乗って

描き続けていたら、

 

岐阜県青少年美術展少年の部で

優秀賞を受賞しました。

 

更に調子に乗っていたら

中学生のくせに新聞に2回載る

などしました。

 

生徒会副会長になれるほどの人気があり、

もう超絶調子に乗りすぎて

クラス全員を漫画にするなどしていました。

 

とにかく面白い、

お調子者な中学生でした。

高校時代

高校に受かった棚村

調子に乗っていた私は、

岐阜県立加納高校

美術科に進学しました。

 

そこで待っていたのは

 

・毎日4時間の石膏デッサンと

・一日2時間以上の油画制作

 

という

「藝大に受かるため」

の日々でした。

 

それでも

なかなかいい絵が描けず

悩んでいたところ、

 

中学時代の親友が

「漫才やろうぜ!」

と誘ってくれたので

 

高校2年生のある日、

絵を描かずに

お笑い芸人

になりました

 

コンビ名は

「ハッピーデリバリー」。

 

相方と河原で

漫才の練習をする日々でした。

 

練習の結果

ハイスクール漫才という

高校生の漫才の大会の

 

地方大会で優勝してしまいました・・・

 

その後自分の何かが解放され、

ちょっと絵が上手くなりました。

 

漫才のおかげなのかは

分かりません。

高校時代に描いた絵

 

通っていた予備校は

 

池袋にある

「すいどーばた美術学院」

 

名古屋にある

「大曽根美術研究所」でした。

 

先生方には本当に

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

漫才しててすみませんでした。

 

センター試験に関して、

数学は相変わらず

出来ませんでしたが、

 

私は世界史も超苦手でした

大学時代

東京藝術大学

絵画科油画専攻に

現役で合格しました。

 

倍率は22倍、

50人の定員の中で

現役合格は10人だけでした。

 

私はとても調子に乗りました。

 

調子に乗っている棚村

 

調子に乗っている棚村

 

調子に乗っているうちに、

ある日気づいてしまったのです。

 

 

あれ、私の絵、

下手すぎん・・・?と

 

 

私はきっと、

課題との相性が良く

 

運で合格してしまった

のだと思います。

 

それでも周りはうますぎるので、

 

どうにか自分も

何か目立たなければと思い、

 

ミス藝大にエントリーしました。

ミス藝大は、モデル担当、音楽担当、美術担当の

3人チームで作品を作る大会で、

私は美術担当として

撮影、映像担当をしていました。

 

 

ミス藝大に出場した結果・・・

優勝、

してしまいました・・・。

 

今この映像を今見て思うのは、

もう既に病んでいたんだなぁと。

 

 

その後、

ミス藝大をきっかけに

 

多くのテレビ番組に

出演してしまったんですね。

 

  • ビートたけしのTVタックル
  • 好きか嫌いか言う時間
  • ぐるぐるナイン! 
  • ラジオ番組「ライト学園」

 

など。

 

自分が納得できる実力がないのに、

名前だけ一人歩きしていて。

 

そのプライドを守るためだけに、

変人の自分を繰り返していました。

 

また、悪い大人にいいように

使われていたのかもしれませんね。

 

 

20才棚村、坊主になる

病みすぎた私は坊主になりました。

妹にもらったシュシュを

頭に乗せる棚村

 

 

棚村、顔面で音楽を表現する

気づいた時には

顔面で音楽を表現

していました。

やりきってて面白いけれど、

自分ではもう、

あまり見たくないです。

 

 

お正月に極寒の中、外にベッドを置いて寝る

それから

 

極寒のお正月に

ベッドを外に置いて

寝続けるパフォーマンス

 

をしました。

寒すぎて

重めの風邪を

引きました。

 

成人式に坊主で出る

成人式に坊主で出ました。

 

一人くらい坊主の女の子

いるかなぁと思っていたら

誰もいませんでした。

 

 

棚村、とうとうアイドルになる

髪が伸びて

自分がアイドルになる

作品を作りました。

48人全員棚村です。

とても可愛らしいですが、

 

無理して頑張ったものなので、

これもあまり見たくないです。

 

棚村、檻に入る

それから、

4日間檻に入り続ける

パフォーマンスをしました。

 

やっぱり痛かったです。腰が。

腰がかなり痛かったです。

 

 

棚村、せっかく伸びた髪を金髪にする

髪が肩くらいまで伸びたとき

せっかく伸びた髪を金髪にしました。

 

金髪も1週間で飽きて

紫色の髪の毛になりました。

 

 

自分のプライドを守るために、

セルフネグレクト

 

4年間で80回以上展示を開催して、

目が回る毎日・・・。

自滅して病んでいった、学生生活でした。

フリーの画家に

田舎フリーランス養成講座

参加したのをきっかけに、

 

藝大卒業後は

そのままフリーの画家に

なりました。

 

最初は山小屋でバイトしたり、

お花畑でバイトしたり

していましたが、

 

北海道で個展

新宿でグループ展を開催し

 

現在は順調に絵も売れ、

たくさんの人に助けられて、

 

絵画制作だけで生きています。

(たまにバイトもします)

 

 

フリーランスになってから、

 

今までよりもちゃんと

絵に向き合うように

なりました。

 

このブログは

自分なりに答えを

出したものなので、

 

読んでいただけたら幸いです。

 

以上が経歴、職歴です。

棚村の出来ること

ここでは私の出来ることに

ついてお話します。

油絵・水彩画

私は油画、

水彩画を

描くことができます。

 

受注、お仕事のご連絡は

お問い合わせフォームまで

いただけましたら幸いです。

 

1号15000円から承っております。

 

作品一覧は

こちらのサイト

閲覧することができます。

動画編集、手書きアニメ

動画編集、

手描きのアニメを

制作することができます。

 

この映像は

初音ミクのミュージックビデオを

制作した時のものです。

 

使えるソフトは、

Adobe premierです。

 

その他出来ること

です。

展示歴

学生時代に展示した回数は

80回以上でした。

 

今までの展示について紹介します。

2014年

  • 取手アートパス2014(茨城・取手)
  • ユガイチクエスト(東京・東京藝術大学)
  • 家プロジェクト(茨城・取手)

2015年

  • 棚村彩加個展「heartful square」(東京・後楽園)
  • 奥村直樹の友達展(東京・東日本橋)
  • グループ展「死んだら死んだで生きてゆきます」(東京・銀座奥野ビル)
  • 東京藝術大学2年生進級展(東京・東京藝術大学)

2016年

  • 棚村彩加個展 「悪の原理に対する和解の接吻のような物語」(東京・亀有)
  • 棚村彩加・岡村芳樹二人展「日灯し」(東京・根津)
  • オンライン展(東京・原宿)
  • 上野ステーションギャラリー展示「Appeal to #・△」(東京・上野)
  • 東京藝術大学 学外展「無二無二」(東京・アーツイン千代田3331)

2017年

  • メンヘラ展 final (東京・新宿)
  • 棚村彩加・岡村芳樹二人展「日灯し」(東京・根津)
  • 東京藝術大学卒展(東京・東京都美術館)
  • BE MY BABY(東京・東京藝術大学)

2018年

  • 棚村彩加個展「last life」(北海道・帯広)
  • グループ展「族」(東京・新宿眼科画廊)

2019年

  • エンタメ薬局(東京・東新宿)

メディア出演

テレビやラジオに出ていました。

2015年

  • 日本テレビ「ヒルナンデス」出演
  • テレビ朝日「ビートたけしのテレビタックル」出演

2016年

  • 日本テレビ 「ぐるぐるナイン!」出演
  • TBSテレビ「 好きか嫌いか言う時間」出演
  • ラジオ番組 「ライト学園」出演

2018年

  • 教育雑誌「プレジデント」に掲載

 

『秘境東京藝大』の著者、

二宮敦人さんと

対談させていただきました!

 

テツ&トモさんと話せたことが

一番の思い出です。

 

かっこよかったなぁ

生きます

私は岐阜の超田舎に生まれ育ち、

何も知らないところから

スタートしました。

 

小さい世界で生きていると、

東京以外全部岐阜のような

気持ちになります。

「東京以外全部岐阜」の図

小さな世界しか知らなかった私は

自分はすごいんだ!と

調子に乗ってばかりの青春でした。

 

だからこそ、

自分の肩書きに見合った

理想ばかり追い求めて自滅

していたように思います。

 

今回、

私は作家名を棚村華恵子

変えました。

 

過去に

めちゃくちゃ良かったことも

めちゃくちゃ悪かったことも

沢山ありすぎて。

 

自分が過去にあった出来事に

今も心が左右されてしまうのは辛いなぁ・・・

と思ったのがきっかけです。

 

(気分次第なので

名前はまた変えてしまうかも

しれないです)

 

自分を過大評価するわけでもなく

自信を無くして生きるわけでもなく

 

そのままの棚村で

生きられたらいいなぁと思います。

最後に

私が生きて来たのはみんなのおかげです。

いつもいつも、本当にありがとう。

POSTED COMMENT

  1. ホタル より:

    音を顔面で、表現するパフォーマンスは、音無しで観た方が、よかったです!音やリズムをバックに、そしてそれを全く無視した、動きを作るのはどうでしょうか?!お顔にドラマが、浮かぶと思います。

  2. 木村 とおる より:

    個展の計画があったら教えてください。

  3. ガジャンソウンチー より:

    なんかスゲーーー
    でも超絶美人じゃないからガックシ、10人に2人はそう思うかも

  4. ばっちゃん より:

    アホっぽい自己紹介で楽しかったです。
    しかし… 壮絶な黒歴史ですね。
    笑っていいのか、想像するべきか、躊躇します。
    今のその笑顔が素敵です。
    笑います。

  5. […] 棚村さんのこれまでの活動については、彼女のブログやプロフィール記事を読むことができます。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です